インビザラインという最新の矯正歯科医療とは

見た目の印象を大きく左右する歯並びにコンプレックスを抱えてる人も多く、矯正歯科で行う歯列矯正は大人になってからする方も多いです。
歯列矯正にも種類があって、表側や裏側にブラケットを使用した矯正が一般的になっています。
少しくらいのズレならマウスピース矯正が向いていますし、前歯だけなど気になる部分のみの部分矯正もすることが出来ます。
今までの矯正方法でも歯並びがキレイになるのは嬉しいことですが、矯正期間中は見た目で矯正していることを知られてしまうのがデメリットでした。
そこで、最近注目されているのが最新の矯正歯科治療となるインビザライン矯正です。

インビザライン矯正とは、世界中で治療実績がある信頼度の高いマウスピース矯正です。
最大の特徴としては、従来のマウスピースと違ってオーダーメイドで製作する薄くて透明なマウスピースなので、装着していても周りから気付かれることがありません。
なので、矯正している口元を気にして笑えないとか恥ずかしいというマイナスな見た目を気にする必要がなくなります。
また、ブラケットなどのような異物感もなくて痛みもないですし、インビザラインは歯の部分だけを覆う最小の形態となっています。
取り外しが出来ることもメリットで、食事や歯磨きをする時などに必要に応じて自分で取り外しができます。
入れ歯やマウスピースを装着すると歯周病などにもなりやすいですが、取り外しが可能なら清潔を保つことが出来るので虫歯や歯周病を防ぎます。

やはり最新の信頼ある矯正方法なので、一般的な矯正と比べたら費用は少し高額になってきます。
治療期間や治療難易度によって費用は異なりますが、前歯のみで75万円ほどで全ての歯の移動なら110万円前後になります。
現金による一括や分割払い、各種カード払いも可能です。
治療期間は最短で半年ほど、最長で3年程度になります。
インビザライン矯正をする際の注意点としては、1日20時間以上装着していてほしいとのことです。
外している時間が長いと矯正治療効果がなくなってしまうので気を付けましょう。
ちなみにインビザラインを外している間には入れ歯洗浄剤を使用して清潔を保つように心掛けましょう。
また、入れ歯と同じで、表面が傷ついたり表面が削れたり熱で変形してしまうので、歯みがき粉やお湯で洗うのはやめましょう。
毎回食事後は外して、うがいをして口の中を清潔にしてからインビザラインを装着するように心掛けましょう。