インプラント治療で自然な噛み合わせの義歯を

虫歯や歯周病で歯をなくしてしまうと、歯医者さんで治療が必要です。
そのままにしておくと、その歯と噛み合う歯にもトラブルが起きやすくなってしまいます。
これまでは虫歯などで歯を失った後の治療は入れ歯やブリッジが主流でしたが、現在では最先端の治療であるインプラントが大変人気です。
かつての入れ歯やブリッジの治療をインプラントに交換希望して歯医者さんに相談する人も急増しています。

インプラント治療では、人工の歯根を患者さんの顎の骨に直接埋め込んでそこを土台にしてセラミック歯に代表される審美性の高い人工歯を立てるのが特徴です。
人工歯根が顎の骨に密着しているので噛む力の伝わり方が自然で、第2の永久歯とも言われています。
インプラント治療ではアレルギーのリスクの少ない素材でできた人工歯根を使うので、治療後時間が経っても歯肉の黒ずみといったトラブルも少ないのも大きなメリットのひとつです。

入れ歯治療では、失くした歯の治療のために残っている他の健康な歯にバネや留め具をかける必要があります。
そのため、バネなどを掛ける歯には大きな負担です。
またバネや留め具で力がかかり続けるため、時間の経過とともに歯が動いて歯並びや噛み合わせが変わってしまう可能性もあります。
義歯を作ってから時間が経つと、噛み合わせの変化で義歯そのものが合わなくなってきたり食事や会話など生活上で支障が出てしまうことがあり注意が必要です。

義歯に対し、インプラントでは失くしてしまった歯1本ごとに人工歯根を埋め込んで治療します。
治療が1本単位なので、別の歯に負担がないのは大きなメリットです。
他の歯に力をかけることがないので、歯並びや噛み合わせへの影響も少なく自然な噛み合わせで快適に生活できます。

インプラント治療を行うならインプラント専門医を頼るのが一番良いでしょう。
東京都や大阪府のような人口の多い都市では患者数も多いので安定した技術が専門医にはあります。

インプラント治療を大阪で行う歯医者では専門に行う歯科クリニックも存在します。
そのインプラントを専門に行う歯科クリニックではいろいろな術式を導入していて、オールオン4手術はそのひとつです。
オールオン4手術では、4本の人工歯根で植え顎または下顎の全部の歯を支えます。

オールオン4手術は、総入れ歯や多くの歯をなくしてしまった方に適した方式です。
上顎・下顎の総入れ歯をインプラントに交換する場合、歯の本数だけ人工歯根を埋め込む手術をするとなると患者さんにとっては身体面・費用面・要する期間といろいろな点で大きな負担になってしまいます。
インプラント専門歯科のオールオン4方式であれば、インプラントの数は4本で上顎・下顎の全ての歯を植立することができるので大変負担が少ない手術です。