医療と食生活とリハビリについて

医療行為、たとえば肺炎などにかかってしまった後に、食生活でリハビリをおこなうケース、または食生活でリハビリが必要なケースがあります。

たとえば、ご高齢の方が食生活をおこなっている場合、有料老人ホームに入居されているケースの場合には、ご家族の方、またはスタッフの方が食事を食べさせてくれるケースがほとんどです。

特にお体が動かせない、手などが自由に動かせない方の場合には、このような形になります。

その際、たとえば肺炎などになってしまった後にはとても体が弱っているため、食生活でのリハビリがとても重要になります。

たとえば医療としての指示として、上手に食べることが出来ない患者さんの場合、または食欲がない患者さんの場合には、とろみをもっとつけて食事をお出しするように指導がある他、患者さんが食べられる、例えばプリンなどのとろみのある甘いものを、リハビリとしての食事として、お出しするようにアドバイスなどがあります。

医療的には、食事はとても大切なものであり、少し肥満であるくらいの人の方が、風邪なども引きづらく、逆にあまりに太ってしまっていては、糖尿病などになりかねませんが、BMIなどの数値から、その人にあった適正な体、体重というものがさだめられています。

そのため、医療と食生活は、とても密接な関係にあり、切っても、切れない関係であるほど、食生活というものは大切なものなのです。

リハビリの際には、まだ、体が弱っている状態であることが多いことから、胃に優しい食べ物であったり、体に免疫がつきやすい食べ物がすすめられることがおおいものです。

たとえば、風邪のあとには飲み物としては、ポカリスエットなどのような水分がよい、とされるのと同じことです。