医療は時代によってあり方が変わる

病院とはどういう時に訪れることが多いでしょうか。以前の医療と現在の医療では少し変化があり、病院に行くこと自体も変化が訪れています。どのような変化であるのかを見てみましょう。以前は病気になったら、治療のために病院に行くということが多かったです。また自宅で民間薬や漢方などで様子を見ていたが、どうにも改善せずに最終的な手段として病院に行くということがほとんどでした。しかし現在はその病院の受診の仕方などにも変化が見られます。今は西洋医療が日本でも一般的です。病院に行くことに、股薬を飲むことに疑問を持つ人はいません。そのために誰も抵抗を持たずに病院を受診することが出来ます。また最近の病院は患者を診察して治療をすることも重点を置いて行っていますが、病気を予防するといった予防医療にも力をいれています。それは健康保険で私たちの医療費は3割負担などに押さえられていますが、その残りを支払う国はかなりの負担を強いられていますし、毎年医療費は高くなってきています。そのために医療費の削減などにも取り組んでいるのです。そして削減を実現させるためには、病気になってから治療をするのではなく、予防をまずするということに重点を置いているのです。例えば逆流性食道炎や糖尿病はなってしまうと慢性的な経過で治療もずっと必要になりますが、予防に力を入れていると、病院を定期受診することなく過ごすことが出来るので、治療費はかかりませんね。そのように医療も時代によってあり方が少しずつ変わってきているのです。また最近の社会的問題である、不妊症の治療に関するものや難病に関するものなども補助関係も徐々に拡大をしてきており、治療を受けやすい環境が整ってきていると言えるでしょう。